ビルボード

先生 普通

乳酸菌ってどんなイメージがありますか?

女性 普通

乳酸菌と言えばヨーグルトやチーズに入ってる菌ってイメージがあるかな。

先生 普通

他にはどんなイメージがありますか?

女性 普通

んー体に良いとか、整腸作用があるとか、、、健康に良いイメージがありますね。

先生 普通

では、その健康に良い菌はどこにいると思いますか?

女性 普通

乳製品と一緒にお腹に入るから、お腹の中?

先生 普通

そうですね、乳酸菌は自然界に広く分布していて、お腹の中に入ればそれは腸内細菌と呼ばれるんです。

女性 普通

腸内細菌ってことは、他にも腸内に細菌がいるんですか?

先生 普通

腸内には3万種類の細菌が1000兆個もの細菌が生息しており、その重量は2kgになるとも言われいるんですよ。

女性 普通

ええー2kgもお腹の中に細菌がいるんですか?お腹こわしそう。

先生 普通

実は、誰のお腹の中にもいる腸内細菌には人間に有益な働きをしているものから、有害な働きをするものまでその特徴は様々あるんですよ。

人間に有益な細菌は善玉菌と呼ばれるますが、反対に有害な働きをするものは悪玉菌と呼ばれ、どちらにも属さないものを日和見菌と呼びます。

善玉菌の有益な働きには、免疫刺激や消化吸収の補助、健康維持や老化防止などがあり、乳酸菌やビフィズス菌がこれにあたります。

悪玉菌の有害な働きには、健康を阻害し腸内環境を悪化させ老化を進める働きがあり、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌(有毒種)があります。

日和見菌は、人間が健康な時は問題ありませんが、免疫力が低下するなど体が弱ると、悪玉菌のように人間に有害な働きをするとされ、バクテロイデス、大腸菌(無毒種)などがこれにあたります。

女性 普通

人間の世界みたいに良い人から悪い人までいるのね。

先生 普通

そうなんです。

この腸内細菌のバランスを腸内フローラと言い、バランスの良しあしが健康に影響を与えるんですね。

また、これらの腸内細菌は人それぞれ健康状態や年齢により細菌のバランスが変化するんです。

女性 普通

ええ?赤ちゃんと老人では腸内細菌の種類が違うの?

先生 普通

はい、例えば

赤ちゃんの腸内はほぼ善玉菌でしめられていますが、加齢に従い悪玉菌の比率が増え高齢では悪玉菌の方が多い状態になるんです。

女性 普通

ええっ、じゃあ私のお腹の中は悪玉菌が多くなってるのかな?

先生 普通

腸内の細菌バランスは、年齢以外にも遺伝、生活習慣で人それぞれ違うんですよ。

女性 普通

どうなってるかしりたいな。

もっと腸内細菌のこと教えてくれますか?

先生 普通

腸内の細菌バランスは、女性に多い便秘をはじめ健康問題に影響を与えますので、この機会に勉強するのは良いことですね。

では、コンテンツを揃えましたので一緒に見てみましょう。

乳酸菌種類
乳酸菌効果
腸内細菌の種類
乳酸菌を含む食物