ビルボード

腸内には3万種類の細菌が1000兆個もの細菌が生息しており、その重量は2kgになるとも言われています。

その腸内細菌にも人間に有益な働きをしているものから、有害な働きをするものまでその特徴は様々です。

人間に有益な細菌は善玉菌と呼ばれるますが、反対に有害な働きをするものは悪玉菌と呼ばれ、どちらにも属さないものを日和見菌と呼びます。

善玉菌の有益な働きには、免疫刺激や消化吸収の補助、健康維持や老化防止などがあり、乳酸菌やビフィズス菌がこれにあたります。

悪玉菌の有害な働きには、健康を阻害し腸内環境を悪化させ老化を進める働きがあり、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌(有毒種)があります。

日和見菌は、人間が健康な時は問題ありませんが、免疫力が低下するなど体が弱ると、悪玉菌のように人間に有害な働きをするとされ、バクテロイデス、大腸菌(無毒種)などがこれにあたります。

また、これらの腸内細菌は人それぞれ健康状態や年齢により細菌のバランスが変化します。

赤ちゃんの腸内はほぼ善玉菌でしめられていますが、加齢に従い悪玉菌の比率が増え高齢では悪玉菌の方が多い状態になります。

乳酸菌種類
乳酸菌効果
腸内細菌の種類
乳酸菌を含む食物
1乳酸菌QA 1体験談 1便秘のお話し 1おなかの症状

1細菌

引用元:善玉菌サプリについて:おなかマート

サプリ選ぶ ボタン