おなかのハリ、ポッコリおなか、重い、痛い、圧迫感、お腹が張って苦しかったり、お腹にガスが溜まっているように感じたことはありますか?

これらお腹の張りの原因は、お腹の中にたまったガスが原因なのです。

お腹のガスとは?

お腹に溜まるガスには2種類あり、食事や呼吸で誤って腸に入ってしまうガスと、腸内で腸内細菌が発生させるガスです。

誤って入ってしまうガスは自然にげっぷやおならで排出され、食事の仕方や呼吸の仕方を工夫されれば解消されますが、腸内で細菌が発生させるガスはちょっとやっかいな存在です。

正常なお腹の中には、コップ1杯程度のガスが存在しますが、このガスの質は腸内環境により無害なものと有害なものにわかれます。

腸内細菌には、有害な働きをするウェルシュ菌や腸球菌に代表される悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が存在しますが、この悪玉菌は人間が食べた脂質をエネルギー源として、アンモニア、インドール、スカトールと言った有害なガスを発生させます。

腸内環境が悪化するとこの悪玉菌が増殖し、発生させるガスも増えてお腹が張る、お腹がゴロゴロ鳴る、お腹がはって苦しいといった腹部膨満感を感じることがあります。

これらのガスは、臭いもきつくおならとして排出すると刺激臭を伴うおならとなります。

お腹のガスが増える原因

悪玉菌のエサが増え、悪玉菌が増えると発生させる有毒なガスも増えます。

悪玉菌は、人間が食べる脂質やタンパク質をエネルギー源にしているので、脂がのった肉やクリームたっぷりのケーキなどの高タンパク、高脂肪の食事が大好きです。

お腹のガスを減らす方法

この有毒なガスを発生させる悪玉菌を減らす事で、発生させるガスを減らす事が出来ます。

人体に有害な悪玉菌が存在する一方で、人体に有益な働きをする善玉菌と呼ばれる腸内細菌も存在し、乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌に分類されます。

これら善玉菌は腸内でオリゴ糖や食物繊維をエネルギーとして、乳酸や酢酸を腸内で生成し、善玉菌が生成した物質は、腸内を酸性にするので酸性の環境が苦手な悪玉菌は減少します。

つまり善玉菌を増やすような食生活をすれば、悪玉菌が減り、悪玉菌が発生させる有害ながガスも減少するのです。

ただ一般的なヨーグルトに含まれるような乳酸菌は胃酸で死滅して腸まで届かないので、胃酸に負けない有胞子乳酸菌、植物性乳酸菌、ビフィズス菌などの強く腸まで届く善玉菌を選び、善玉菌を増やすオリゴ糖などを含む食品を摂取することが大切です。

zendamaranking