日本ではアレルギーを持つ人は多く約3割の人がアトピー、ぜんそく、花粉症食物アレルギーなどなんらかのアレルギーを抱えている人がいるとされています。

これは成人よりも小児に顕著で、9歳までの子供の4割がなんらかのアレルギーがあると考えられています。

日本では杉花粉として約50年前の1963年に栃木県の青年に初めてアレルギー症状が確認されました。

しかし、日本は古来から杉の植樹が盛んに行われていたので、元々日本では杉花粉が多く飛び交っていたはずです。

最初のアレルギー患者が出るまでは、日本人には杉花粉を発症しないような生活習慣があったか、そのような体質であったことが推測されます。

この日本で初のアレルギー患者の確認以降、年々アレルギーを発症する人が増加していきます。

一方で、1960年以降日本の衛生環境は格段に改善し、寄生虫の感染者も減少していきました。

このような傾向は日本だけではなく、欧米でもアレルギー患者の増加と、衛生環境の改善がみられました。

現代社会は、清潔な環境を手に入れる一方でアレルギーと言う厄介な症状をしょいこんでしまったとも言えないでしょうか?

人類誕生後、人間は進化を続けてきましたがここ1万年間は細胞の構成や免疫構造には変化はありません。

文明が発展し衛生環境の向上により乳児死亡率も著しく低下しましたが、一方でアレルギーなど免疫の過剰反応など身体の機能の退化とも言えるような問題もでてきました。

これをもって不潔な環境が、人間の免疫機能を適切に保つとは言えませんが、このような環境の急激な変化に人間の身体が追い付けていないと考えられこともできます。