教師

細菌と聞くとどうしてもあまり良い印象を持つことはできませんが、細菌にはさまざまな種類が存在しており、そのどれもが人体に悪影響を与えるというものではありません。

腸内環境を健全に維持する働きがあることで知られている善玉菌も細菌の一種ですから、チャンと私たち人間に有益な働きをしてくれるものも多いというわけなのです。

細菌の種類は数千にものぼり、さまざまな性質を持っているので病気を引き起こすことになる病原菌と呼ばれるものや、通常は無害ですが何らかの影響によって突如害をなす性質に変わるものなど様々です。

ですから細菌と一口に言ってもどれもが同じということにはならないというわけなのです。

細菌を分類しよう

数千種にものぼる細菌は、次の4つで分類管理することができます。

①学名で分類

われわれ生物も類似する特性によって分類されており、その属性によって学名が付けられています。

細菌もこれと同様に、特性に基づいて属性分類され、属名と種形容語によって構成される学名が付けられています。

例:大腸菌→エシェリヒ・コライ

②染色で分類

細菌は特定の薬剤を用いて染色した際の色の違いによって分類することができます。

これにはグラム陽性とグラム陰性の2つがあり、グラム陽性は青色、グラム陰性はピンク色に染まります。

この両者の菌は異なった感染を起こし、その際の抗生物質の有効性が異なってきます。

時折、抗生物質が効かないということがありますが、その際の判断もこの染色分類で判断できるというわけです。

③形状から分類

細菌はその形状情報から、球形状、棒状、らせん状の3つに分類することができます。

・球形状-球菌

・棒状-桿菌(かんきん)

・らせん状-スピロヘータ

④酸素要求性で分類

細菌は生息するために酸素を必要とするものと、そうでないものに分類することができます。

酸素を必要とするのを好気性細菌、必要としないものを嫌気性細菌と呼びます。

またこれら2つとは別に、酸素があってもなくても生息できる細菌もおり、これらを通性細菌と呼びます。

関連記事

生命の誕生

地球上に生命が誕生したのは、地球誕生後10億年が経過した今から35億年前であるとされています。 南アフリカで先カンブリア紀の地質層の岩石を調べていたところ、微生物の化石が見つかりました。 その他、カナダのオンタリオと呼ば・・・

地球上での微生物の分布

微生物はその仕組みが単純なことから様々な環境変化に対する適応力があり、地球上様々な環境に生息域が分布しています。 人間が居住できる環境から北極や南極などの極地、砂漠、海底、空中など生物の生存に適さない厳しい環境にも適応し・・・

発酵微生物の働き

発酵とは有機物が酸素の無い状況下で微生物の作用によって分解し別の物質に転化することを指します。 腐敗も同様のプロセスをたどりますがその違いは発酵は人間に対する有益な転化で、腐敗は人間に対する有害な転化である点です。 発酵・・・

地球上の微生物の数

地球上には空中から地底、海底まで様々な生物が生息し生態系を形成しています。 目次1 土壌中の細菌2 水中の細菌3 空気中の細菌4 身の回りにいる細菌 土壌中の細菌 土壌の中には酸性土壌、アルカリ性土壌、有機質土壌、鉱物質・・・

人の生活に役立ってきた細菌

人間は昔から細菌の働きを利用し、生活を豊かにしてきました。 細菌を利用した最も代表的なものにはお酒があり細菌の発酵を利用して生産されます。 古くはメソポタミア文明におけるシュメール人は穀物の発酵を利用するビールの原型とも・・・

衣類や化粧品に使われる細菌

目次1 衣類に使われる細菌2 化粧品に使われる細菌 衣類に使われる細菌 衣類を染める染色工場から排出される汚水には製造で使われた染料が含まれています。 排水には水質汚濁防止法などの法律があり基準をクリアしなければ排水でき・・・

食べ物を美味しくする細菌

細菌の発酵を利用して作られる食品は、世界に広く存在していますが、その成り立ちや目的は様々です。 最初は狩りや釣りで捕獲した獲物や拾った木の実などを樽で保管しているうちに、偶然細菌による発酵がおこり風味が良くなったり、保存・・・