看護師

腸内環境を考える際に決して無視できないのが善玉菌と悪玉菌です。

腸内には100兆個もの細菌が生息しており、個人によって生息する細菌の種類は変わってくるものの、生息個数に変わりはなく、腸内では常に様々な細菌がせめぎ合っています。

その代表格が善玉菌と悪玉菌です。

名前のとおり、正常な腸内環境を維持するには、悪玉菌を排除した善玉菌比率の高い腸内環境を心がけることが重要となってくると言われていますが、その理由はどこのあるのでしょうか。

それではこの疑問を解消すべく、2つの細菌の働きについて詳しく説明していくことにしましょう。

悪玉菌って?

健康な人の腸内環境は悪玉菌よりも善玉菌の比率が大きいというのが一般的ですが、この比率はストレスや運動不足など様々な生活習慣によって大きく変わってきます。

主な悪玉菌にはウェルシュ菌や大腸菌が挙げられ、食物を腐敗させる際に発生した有毒ガスが体中を巡るようになるだけでなく、便秘を悪化させたり大腸がんをはじめとする様々な病気を引き起こす原因ともなります。

これら悪玉菌はタンパク質や脂質を栄養源としているため、食の欧米化が進んだ現代人は悪玉菌が増殖しやすい環境に置かれていることとなり、現代の日本人は昔と比べると明らかに悪玉菌が増殖していると考えられます。

他にも消化液の分泌を抑制するストレスを受ける人が多いことも悪玉菌を増殖させる原因となりますし、慢性的な便秘も悪玉菌を増殖させます。

つまり、現代の日本人は悪玉菌を増殖させるための条件を兼ね備えているので、知らないあいだに悪玉菌が育ちやすい腸内環境になっているというわけなのです。

悪玉菌の種類と特徴

悪玉菌の代表格といえば、ウェルシュ菌やブドウ球菌、緑膿菌が挙げられますが、この他にもベーヨネラ菌や大腸菌も悪玉菌の仲間です。

これら悪玉菌が腸内で増殖して善玉菌によりも多い比率になると、体に様々な悪影響を与えることとなります。

それには、

・アンモニアやインドール、硫化水素などの有害物質が過剰生産される。

・ニトロソアミンや胆汁酸などの発ガン性物質が過剰生産される。

・免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなる。

・各内臓器官に負担を与える。

・腸内の腐敗が促進される。

・下痢や便秘が慢性化する。

などがあり、これら症状が慢性化すると次第と健康を害するようになり、様々な病気を発症することとなります。

また悪玉菌のそのほとんどは病原性を持っているという特徴があります。

大腸菌のように免疫力の向上やビタミンの合成など悪玉菌とは言い難い働きをするのにも関わらず、善玉菌ではなく悪玉菌に分類されるのも、増えすぎると体に害を及ぼす菌となる病原性を持っている性質があるからです。

また、悪玉菌のほとんどには酸性環境で生息しづらいという特性があります。

善玉菌が増殖すると悪玉菌が減少するのもこれが原因です。

善玉菌は腸内環境を酸性に保つ働きがあるために、善玉菌が増殖すれば腸内環境は次第と酸性となり、酸性環境を不得意とする悪玉菌が減少するのです。

以上のように悪玉菌には有益な働きをするものがありますが、その有益性を考慮しても増殖は決して健康に有益なものにはならないというわけなのです。

善玉菌って?

主な善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌が挙げられますが、腸内に生息できる細菌の数には限りがあるので、善玉菌が減れば悪玉菌が増え、逆に増えれば悪玉菌は減ります。

ですから、健康な生活をするためには善玉菌優位の腸内環境を心がけることが重要なポイントとなってきます。

善玉菌は腸内を健康な状態にして正常な活動を維持するだけでなく、体内の免疫システムを活性化させて体全体の免疫力を高めたり、人にとって必須の栄養素であるビタミンの生成を行うなど、多方面において有益な効果を発揮します。

「善玉菌=整腸作用」と思っている人も多いのですが、その働きは腸内だけにとどまらず、人が健康で生存していくために重要な役割を担っているということなのです。

現在は悪玉菌が増殖しやすい生活スタイルとなってしまっていますが、できるだけ善玉菌の増殖に効果のある食品群の摂取を心がけ、まずは生活習慣を見直す必要があるというわけなのです。

善玉菌を増やす要因

食事

人が健康な生活を続けていくためには、健全な腸内環境の維持が大きな影響を及ぼすこととなります。

よって、善玉菌が優位な腸内環境を維持していくことが重要なポイントとなってくるのですが、現在は様々な理由によって悪玉菌優位の腸内環境となっている人が少なくありません。

それでは悪玉菌を減らして善玉菌優位の腸内環境を維持するにはどのようにすればいいのでしょうか?

悪玉菌が増殖する原因を考えながら善玉菌を増やすポイントを考えていくことにしましょう。

善玉菌を増やすには

現代の日本人の多くは悪玉菌が増殖しやすい環境にあると言われていますが、その大きな原因と考えられるのが食生活です。

善玉菌の代表格といえばヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌が挙げられますが、日本伝統の納豆や味噌、漬物、醤油などの発酵食品にもこの乳酸菌は多く含まれています。

ですからこれら発酵食品を常食としていた昔の日本人は多くの善玉菌を食事から摂取できていたというわけです。

しかし、食生活の変化によってこれら発酵食品を口にする機会は減り、共に悪玉菌を排除する働きのある物繊維を多く含む野菜の摂取量も少なくなっています。

つまり現在の食生活は善玉菌を増やすこともできず、却って悪玉菌の増殖を手助けしているというわけなのです。

これが現在の日本で悪玉菌優位の腸内環境の人が多くなった大きな原因なのです。

ですから善玉菌を増やす一番の近道は、食生活の見直しが一番大きな効果を生むこととなってきます。

善玉菌を増やすためには、悪玉菌を減らす効果のある食物繊維が豊富な食材と、多くの乳酸菌を含む発酵食品の摂取が重要なポイントとです。

発酵食品と食物繊維を多く含む野菜摂取が善玉菌を増やす要因となるのです。

またこの食生活法は善玉菌を増やすだけでなく、高カロリーなだけで必要な栄養補給がしづらい食生活を改善して生活習慣病の予防にもなり、低カロリーで必要な栄養素をしっかり取ることで、健康面にも大きなプラス効果を生むことにもなってきます。

善玉菌を増やす食生活を心がけることこそが総合的な健康をケアすることにも繋がるというわけなのです。

関連記事

プロバイオティクス「人体に有益な善玉菌を摂取して人間の健康に役立てようと言う考え方」

乳酸菌とは、活動する時に代謝をしますがその過程で乳酸を産生しますが、この乳酸を産生する生菌群を乳酸菌と呼びます。 乳酸菌は、太古より発酵食品の製造に利用され発酵肉製品、発酵水産食品、酒類、醸造製品、発酵豆乳、漬物、果実加・・・

腸内フローラと健康「腸内細菌のバランスの変化は健康に影響を与える。」

腸内には、おなかの中には、たくさんの細菌が住みついており500種類以上もの細菌が100兆個以上存在しており、腸の壁面を覆いながら生息しています。 腸内細菌の集まりを腸内細菌叢、または腸内フローラと呼んでいます。 腸内菌は・・・