アレルギー

アレルギーとは、免疫という身体を守るシステムが過剰に反応して起こる症状です。

アレルギー疾患の原因は様々ありますが遺伝的要因や乳幼児期の感染や腸内細菌の状態などが作用しあいあって発症が制御されています。

アレルギー疾患の罹患頻度は先進国で増加し、原因は乳幼児期の生活環境が原因として見られています。

アレルギー児の腸内フローラ

腸内環境が人間の免疫系の発育に影響を与えていることは知られており、幼児の腸内細菌フローラとアレルギー疾患の発症の関係についての調査では、アレルギー疾患児では善玉菌が少なく、好気性菌の悪玉菌が多い事が数多くみられています。

また、1才時にアトピーとなる幼児では生後3週間時点で好気性菌の悪玉菌が多く、かつビフィズス菌が少ない傾向にあることも研究結果があるようです。

乳幼児期早期の腸内細菌が何らかの人体の免疫系に影響与えアレルギー疾患の発症に強く関与する可能性を示しています。

つまり、乳幼児期早期の腸内細菌に改善させることで、アレルギー疾患の発症予防が行える可能性があることを示しています。

乳酸菌のアレルギー発症予防

ある実験では、アトピー素因を持つ159名の妊婦およびその生後6ヶ月までの乳児に乳酸菌を摂取させ乳酸菌がアレルギー疾患の発症を抑制する効果ぬ有無を調べたようです。

結果、2才時の児のアトピー性皮膚炎の発症率は、乳酸菌投与群ではプラセボ(偽薬)群に比較して有意に低かったとされます。

つまり、乳酸菌の投与がアトピー性皮膚炎の発症を抑制する可能性があるのです。

その後、被験者は追跡調査され、生後4才の時点でも乳酸菌投与群ではアトピー性皮膚炎の発症頻度が低かったようです。

乳酸菌がアレルギーに働きかける仕組み

乳酸菌の摂取が人体に与える効果は様々な研究で報告されていますが、細胞レベルでのメカニズムは解明されていません。

どの乳酸菌の菌種の有益性が高いのか、生菌が良いのか、死菌の方がよいのか、という点についても未だに明確な見解は無いようです。

zendamaranking