Fotolia_47713403_XS

慢性便秘

食後24~72時間後に排便がなされれば便秘とは言いません。

便秘とは、便が長い間腸管に留まることで硬くなり、排便が難しくなることで、便の回数の減少、便量の減少、硬い便、排便困難感、残便感などの症状を伴います。

また、便秘は女性や高齢者に多い傾向があります。

慢性の便秘は、環境変化で起こる一過性の便秘ではないものを指します。

便秘の種類

便秘のタイプは、大きく分けて「器質性便秘」と「機能性便秘」があります。

便秘の大半を占める「機能性便秘」は、さらに「一過性便秘」と「習慣性便秘」に分けることができます。

旅行などによる、環境の変化から起こる「一過性便秘」の主な原因は、緊張やストレス、また食物繊維不足や水分不足によって起こり原因が分かれば自然に収まる傾向にあります。

「習慣性便秘」は、生活習慣や食生活が原因として起こる便秘で、3種類に分けられます。

習慣性便秘の種類

習慣性便秘の慢性型は、下記3つに分けられます。

直腸性便秘

便が直腸まで運ばれているにもかかわらず、大脳にその刺激が伝わらないために発生します。

けいれん性便秘

疲れとストレスが原因で腸がひきつり、便の通りが悪くなるために発生します。

弛緩性便秘

女性や高齢者に多く見られる便秘で、便意はあるのにお腹が張る症状です。

これは、女性は筋力が少なく、高齢者は加齢により筋力が衰えるため、腹筋が弱いため、大腸の運動と緊張が低下し、腸の便を送る力がにぶり便秘となります。

便秘による弊害

便秘による弊害は、腹部膨満、腹痛、食欲不振、吐き気などの他に、肌荒れ・肩こり・目まい・イライラや不眠を引き起こします。

便秘の原因

食事の量の少なさ、腸内環境の悪化、水分不足、排便欲求の我慢、ストレス、不規則な生活、腹筋の筋力低下などがあげられます。

毎日の食生活は重要でッ善玉菌と食物繊維を摂り、腸内環境を良くする必要があります。

便秘チェック

  • トイレを我慢することが多い
  • お腹が張る
  • 排便が3日ないことがよくある
  • 運動不足である
  • 口臭が気になる
  • 水分をあまり摂らない
  • ダイエット(減量)をすることが多い
  • 菓子類の摂取が多い
  • ストレスが多い
  • 旅行をすると便が出ない
  • 長時間座りっぱなしの仕事である
  • 長時間座立ちぱなしの仕事である
  • 野菜が嫌い(食物繊維の摂取が少ない)
  • 朝食をとらないことが多い
  • 肌荒れ、にきび、おできがよくできる(治りにくい)

チェックの数が多いほど、便秘であるか便秘になりやすいので気をつけましょう。

下剤の有効性

便秘かな?と思った時にすぐ思いつくのが便秘薬、つまり下剤ですが下剤は一時的に使うもので便秘を根本的に解消するものではありません。

便秘は、腸の活力が低下して腸のぜん動運動も弱まることで、便を送り出すことができなくなることで起こります。

下剤は、刺激の強い薬で無理やりぜん動運動を起こし便を出す薬なので、常用する事で体が薬に慣れてしまい、使用料は増えるだけでなく、次第に薬無しでは便を出す事ができなくなってしまいます。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は各器官の活動を活発にし、副交感神経は各器官をリラックスさせます。

腸のぜん動運動は副交感神経が活発な時に起こることから、リラックスでき無い交感神経が有意な時は便秘になってしまいます。

このような状態で、いくら便秘薬を飲んでも効果が低下するばかりか依存症になってしまいます。

リラックスと言うと、精神の働きをイメージしますがリラックスにはセロトニンと言うホルモンが関係しています。

セロトニンは、人の気持ちをリラックスさせる働きや人の気持ちを幸福にする働きがあります。

ホルモンなので脳で分泌されると思われるかもしれませんが、このホルモンの9割は腸に存在します。

腸には人体の健康にプラスので善玉菌と健康にマイナスは悪玉菌がありますが、悪玉菌が増えると腸にダメージを与えもちろんセロトニンの働きも低下します。

逆に善玉菌が増えると、これら善玉菌は腸内で有機酸を生成しますが、これら有機酸が腸で吸収されると腸に活力を与えぜん動運動が活発になるので、便秘が解消されるだけでなく、セロトニンの分泌にも良い影響を与えます。

便秘解消法

規則正しい食生活

食べ物が口から胃に入ると「口・結腸反射」が起こり便意が起こり、この反応が特に強いのは朝だとされます。

ですので、朝食は便秘解消には欠かせないので、ゆっくり朝食を摂る時間がない方は、牛乳やビスケット、果物、スープなどでもOKなので何かを食べるようにしましょう。

敏感な人は、1杯の水を飲む刺激だけでも「口・結腸反射」が起こります。

トイレは我慢しない

トイレは我慢しない トイレに行きたいのを我慢し続けると、 体の持つ排便反射が麻痺します。

便意を感じたら我慢しないで必ずトイレに行くようにし、便意が無くても食後に5分位トイレに座りましょう。

適度な運動

運動不足は血液の循環が悪くなり、本来の腸の運動リズムを悪くします。

腹筋運動は、お腹の血行を促進して筋肉の働きを高め、 便を押し出す力をつけるためにも有効です。

腸内環境の改善

便秘には様々な原因がありますが、ほとんどの便秘が生活習慣が原因であり直接的には腸内環境の悪化による腸の働きの低下が原因です。

腸内環境が悪化するとアンモニア、インドール、スカトールなどの有害物質を腸内で排出する悪玉菌が増加し、腸の力を更に低下させ悪循環が始まります。

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌は腸内で有機酸と呼ばれる乳酸、酢酸、酪酸などの物質を生産しますが、これらは腸内を酸性にするために酸性の環境を嫌う悪玉菌が減少し腸内環境は改善します。

また、これら善玉菌の生産する有機酸は腸に活力を与えるため、腸が再び働き始めぜん動運動が活発になり便秘は解消されます。

サプリメントを選ぶ時に大切なのは、腸まで届く強い善玉菌を選ぶことで、有胞子乳酸菌、植物性乳酸菌、ビフィズス菌などが最適です。

また、善玉菌を増やすエネルギー源であるオリゴ糖や食物繊維も摂取する事でより効果が望めます。