チーズ

乳酸菌による発酵は、自然界で行われている現象で、乳酸発酵を司る乳酸菌も至るところに生息しています。

乳酸菌発酵を利用した食品は、私たちの身近に存在しヨーグルト、チーズ、味噌、醤油、清酒、ワイン、パンなど洋の東西を問わず様々な食品に利用されています。

発酵食品の多くは、乳酸菌と酵母又は他の微生物との共同作業でなされます。

乳製品は、単独の乳酸菌によって作られるますが、 味噌、醤油、清酒などの醸造製品や漬物などは、乳酸菌と酵母の共生によって特有の味覚を醸し出しています。

さて、善玉菌を増やす食べ物といえば、善玉菌の代表格とも言える乳酸菌を多く含むヨーグルトやチーズなどの乳製品がまず挙げられますが、乳酸菌を多く含む食べ物はなにも乳製品に限ったものではありません。

乳酸菌は食品の発酵過程で生まれるものですから、基本的には発酵食品のほとんどに含まれていると考えて良いのです。

いくら善玉菌を増やすためといっても、毎日毎日、乳製品ばかりを摂取していてはカロリー過多となって、違った意味で不健康を招いてしまうことにもなりかねません。

ですからただ善玉菌を増やすために、乳酸菌が多く含まれる食品を摂取すればいいというわけでもないのです。

それでは栄養バランスを考えた上で、効率よく乳酸菌を取り入れるためにも、どのような食材に乳酸菌が含まれているのかを説明していくことにしましょう。

乳酸菌を多く含む食品って?

日本伝統の発酵食品といえば味噌や醤油、納豆、漬物などが挙げられますが、これら発酵食品にも乳酸菌が豊富に含まれています。

ですから現在の食生活を和食中心のものに切り替えることで、手軽に乳酸菌を摂取することが可能なのです。

和食は現在主流となっている洋食と比べ、低カロリーで豊富な栄養素を摂取することが可能ですから、食生活によって引き起こされる生活習慣病の予防対策にも大きな効果を発揮します。

また、アルコールを飲むことが日常となっている人ならば、ワインや日本酒がおススメです。

ワインや日本酒には乳酸菌発酵を利用しているののが多いので、アルコールの摂取とともに自ずと乳酸菌を取り入れることが可能です。

そしてワインにはチーズ、日本酒には漬物をつまみにすれば全てから乳酸菌を摂取することが可能ですから、楽しみながら乳酸菌を体内に取り入れることができます。

以上のように、乳酸菌の摂取をしなければならないと気負ってしまうと長続きしないことにもなりかねませんが、様々な摂取法を考えれば楽しみながら乳酸菌を取り入れることができて、自ずと善玉菌が多い健全な腸内環境へと整えることができるというわけです。

zendamaranking

関連記事

発酵食品の歴史

今の若い人たちに発酵食品と言ってもピンとこない人も多いかもしれませんが、われわれ日本人にとっての食文化において発酵食品は重要な位置を占め、これなくして日本食を語ることができないほど大きく関係しています。 日本における発酵・・・

ヨーグルト

サーパーで気軽に買える乳製品にヨーグルトがありますが、日本では戦後に普及したように考えられていまが、実は奈良時代に酪と呼ばれるヨーグルトのような乳由来の発酵食品は存在しました。 世界的にみてもヨーグルトの歴史は古く、エジ・・・