喜ぶ女性

乳酸菌といえば、まず連想するのはヨーグルトでしょう。

ビフィズス菌が発見され健康と老化に大きく関係があることが解明されてから、日本でも乳酸菌配合食品は同じみの健康食品となりました。

現在は乳酸菌の研究は更に進み、整腸作用だけでなく、免疫増強作用や発がん抑制作用、コレステロール抑制作用などがあることも判明しています。

しかし乳酸菌と一口に言っても、乳酸菌の種類はひとつではなく、一般的なヨーグルト食品にしても配合されている乳酸菌の種類がすべて同じというわけでもないのです。

乳酸菌といえばヨーグルトと思っている人が多いのですが、実際のところ、味噌や納豆、醤油、ぬか漬けなど日本古来の伝統食品の中にも乳酸菌は多く含まれています。

ですから本来の日本食をベースにしていた昔の日本人は、多くの乳酸菌を摂取できる健康な食生活を自ずと送っていたというわけです。

「ヨーグルト=乳酸菌」というイメージが強い人には驚きかもしれませんが、それほど乳酸菌には多くの種類があるということなのです。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌は炭水化物を分解して乳酸を生成することでエネルギーをつくる微生物の総称ですが、この乳酸菌を大きく分けると植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の2つの種類に分類できます。

しかし、植物性乳酸菌の種類は200種類もあるのに対して、動物性乳酸菌は約20種しかなく、その性質も大きく違っています。

この両者をわかりやすく分別するとすれば、ヨーグルトやチーズなど牛乳の発酵食品に生息するのが動物性乳酸菌で、味噌や納豆、醤油、ぬか漬けなど野菜や米、大豆などの発酵食品に生息しているのが動物性乳酸菌となります。

また動物性乳酸菌は乳糖だけしか分解できず生息環境も限られてくるのに対し、植物性乳酸菌は麦芽糖や果糖、ブドウ糖など様々な糖を分解することができる上、他の微生物との共存も可能で、塩分濃度や酸性値の影響も受けず厳しい生息環境でも生息できるという特性があります。

この特性もあってか、摂取後も胃酸に負けて腸まで届かないことの多い動物性乳酸菌に対して、植物性乳酸菌は胃酸にも負けず、しっかりと腸まで届くと言われています。

以上のように乳酸菌が健康にいいことは間違いないのですが、摂取する食品に含まれる乳酸菌の種類によっては期待した効果が発揮されていないということもありうるというわけです。

最近は腸まで到達できる動物性乳酸菌を配合した乳製品も販売されていますが、乳酸菌の特性や働きをよく理解した上でないと、やってるだけでなんの効果もない健康法ということにもなりかねないので注意が必要ですね。

zendamaranking

関連記事

ビフィズス菌

腸内には免疫で排除されずに共存関係にある腸内細菌が約1,000種類あり人体に有益なのが善玉菌、人体に有害なのが悪玉菌、そしてどちらでもない日和見菌が存在しています。 これら善玉菌には乳酸菌とビフィズス菌があり、腸で吸収さ・・・